坐骨神経痛の本当の原因

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

本日は、坐骨神経痛についてお話しします。

 

坐骨神経痛は、腰部ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などの骨の問題により発症する症状ですが、筋肉が原因で症状を出すこともあるんです。

 

診断名として告げられることは少ないかもしれませんが「梨状筋症候群」と呼ばれるものは筋肉が原因となり坐骨神経痛を出します。

 

骨由来のものと、筋肉由来のものでは圧倒的に筋肉由来の坐骨神経痛が多くみられます。

 

当院に来る坐骨神経痛の患者様の多くは、病院のレントゲン検査をして、腰部ヘルニアによる坐骨神経痛の診断を受けていますが当院の治療でほとんど治ります。

 

当院では、筋肉への治療をするだけで骨を削ったり形を変えることは出来ないので、本当にヘルニアの方は治療後即座に症状の変化は出ないはずです。

 

ですが、ほとんどの方が当院の骨格・骨盤矯正法を受けた後、症状の変化を実感します。

 

病院としては、検査の結果、「腰部ヘルニアの疑いが強い」という意味で患者さまに伝えているので、ヘルニア確定ではありません。

 

あくまで「疑いあり」という診断です。

 

おそらく、病院では筋肉に対する検査はほとんどやらないのでレントゲンなどの画像検査が主な判断材料になる為かと思います。

 

逆に整骨院では、レントゲンやMRIなどの画像検査が出来ないのでヘルニアや狭窄症などの骨の関与が疑われる時は、病院での検査をお願いしています。

 

もし、あなたが病院での検査、治療で症状が改善されなければ筋肉由来の坐骨神経痛かもしれません!

 

そんな時は、当院オススメの骨格・骨盤矯正法を受けてみてください。

 

今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思いますよ。