どこに行っても改善されない野球肘が治る理由

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

先日、野球肘でお困りの小学生(高学年)が来院されたのですが、

 

この子は、だいぶ前から肘の痛みに悩まされ続けていたみたいで、いろんなところの病院や接骨院に何件も行ってみたけど症状が改善せず、困り果てて当院に来ました。

 

病院では、レントゲン検査で骨に異常もないので「安静にしてください」と指導されるので、

 

安静にしていれば痛みは治まる。。。けど

 

ボールを投げ始めるとすぐに痛みが戻る(T_T)

 

接骨院に通院していてもボールを投げると痛みが出るのは抑えられず、先生に「今のポジション(キャッチャー)は無理だから変えた方が良い」と言われ本人もだいぶ落ち込んでいるような状態でした。

 

当院での検査時も肘に捻りの力が少しかかると肘の内側に痛みがでる状態。

 

身体全体のバランスを診ると、すぐに原因がわかったのでバランスを整え、弱点を克服するための簡単なセルフメンテナンスを指導しました。

 

初回の治療後から痛みは改善しましたが、念のため2回目治療後から投球開始するよう指導しました。

 

先日3回目の治療に来たときは、練習がえりに当院に来てくれたんですが、いつも繰り返していた肘の痛みが練習で全力で投げても痛みゼロ(^^)/

 

最後に身体のバランスを微調整して治療は終了となりました。

 

もし、病院や接骨院など、どこに行っても改善されない野球肘でお困りでしたら当院にご相談ください。

 

茨城県内で当院でしか受けることのできない最新の骨格・骨盤調整法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。