手術しないで脊柱管狭窄症を治す方法

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

本日は、腰部脊柱管狭窄症についてお話しします。

 

腰部脊柱管狭窄症とは腰の脊柱管と呼ばれる神経の通り道が骨や軟骨、靭帯などの問題から狭くなり神経を圧迫する傷病です。

 

 

これにより、下肢への神経痛や麻痺、痺れなどの症状を出します。

 

病院などでは電気治療やけん引治療、湿布、お薬、ブロック注射などで様子をみます。

 

症状の改善がみられない場合で日常生活に支障をきたす場合は手術の選択肢が出てきてしまいます。

 

腰部脊柱管狭窄症は、症状改善されない場合の多い傷病で手術を選択する方も非常に多いですが、実は、治療法によっては手術なしに改善出来る場合があります。

 

当院では、「できれば手術をしたくない」「どこに行っても改善されない」腰部脊柱管狭窄症の方に対して行う特別な治療法を行っております。

 

「気持ちいマッサージ」や「出来るだけ安い方法」をお望みの方の治療法ではありません。

 

あくまで「治すための治療」を行っております。

 

いままで手術の選択肢を迫られた患者様が、来院されていますが多くの方が手術を選択せずに症状改善しています。

 

もし、貴方がどこに行っても改善されない腰部脊柱管狭窄症の症状でお困りでしたら当院にご相談ください。

 

当院の骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思います。