捻挫や肉離れを最短で治す方法

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

本日は、捻挫や肉離れなどの怪我を最短で治す方法についてお話しします。

 

捻挫や肉離れは部位や程度により多少の差はありますが、おおよそ2~4週間程度の安静で日常生活での痛みがなくなり、さらに1~2週間で運動復帰が可能となる経過をたどります。

 

もちろん、湿布や包帯固定などせず、無理をすれば完治するまでの期間は更に伸びて後遺症を残す場合も出てきます。

 

大会前などで短期間のうちに症状を改善させたい方、辛い痛みから出来るだけ早く開放されたい、仕事を休むことが出来ず安静にする時間をあまり取れない方は、当院オススメの骨格・骨盤矯正法を受けてみてください。

 

当院の骨格・骨盤矯正法では、捻挫や肉離れなどで損傷した組織を最大限に守る力を高め、適切な包帯やテーピング固定により最短で症状を完治させます。

 

一般的な、湿布と包帯固定、患部への電気治療などと比較して、完治するまでの期間を半分以下に抑えると同時に痛みなどの症状も即座に改善させていきます。

 

大事な試合前で、どうしても出なければならない方、育児中で安静に出来ない方などは是非ご相談ください。

 

当院の骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思いますよ。