外反母趾を根本から治す!!

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

本日は、「外反母趾」についてお話しします。

 

その名の通り足の親指が外反(人差し指側に向く)する傷病をいいます。

 

親指の外反といった外見上の変形だけでなく、親指付け根の痛み(バニオン)をも引き起こし歩く度に痛みで体重がかけられないような症状を出す場合もあります。

 

外反母趾は遺伝的要因もあるので、親、親戚に外反母趾の方がいると発症率が上がります。

 

外反母趾で病院に行くと、痛みがある場合は湿布薬の処方と足趾の運動指導(タオルを指で掴む運動)されると思います。

 

これだけで改善する方はいいのですが、すぐに再発して痛みがでたり、親指付け根の腫れが残ったままになったりする場合は根本から見直す治療法が必要です。

 

よく、外反母趾対策として5本指靴下や専用サポーター、寝るときに指の間に緩衝材を入れて指の間を広げることをしている方がいますが、これだけでは中等度から重症の外反母趾には効果的とは言えません。

 

当院では、外反母趾対策の靴下やサポーターに頼らずとも患部を保護できるよう身体のバランスを調整する骨格・骨盤矯正法を行います。

 

外反母趾で痛みの出ている方のほとんどは、筋力バランスに問題があり、足が偏平足になり親指の力が分散されて上手く機能していません。

 

当院では、そんな崩れた筋バランスを元の状態に戻すことで各関節の機能を最大限に引き出し、患部を保護します。

 

自分の筋肉という最強のサポーターで保護するんです。

 

変形が軽度の方なら多少は元に戻りますし、親指付け根の腫れも引きます。

 

靴下やサポータに頼らずとも痛みの再発も防ぐことができます。

 

もし、繰り返す外反母趾の痛み、変形でお困りでしたら当院にご相談ください。

 

当院オススメの骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思いますよ。