坐骨神経痛も即改善!!最新の骨格・骨盤矯正法!

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

こんな症状でお困りではありませんか?

  • お尻から脚にかけて痛みと痺れがある。
  • 靴下足を履くときに太もも裏側がつっぱる。
  • 足の親指や足底に痺れがある。
  • じっとしていてもふくらはぎが痛む。

その症状は坐骨神経痛かもしれません!

 

坐骨神経痛は症状の名前で正式な傷病名とは異なり症状の名前です。

 

例えば、「腹痛」も症状の名前ですが風邪でお腹が痛くなる場合もあれば、食中毒でなる場合もあるし、盲腸(虫垂炎)でもなります。

 

要は原因となるものがあり、それにより坐骨神経痛と言う症状が出ているという事です。

 

坐骨神経痛の症状をだすものには、腰部ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、梨状筋症候群など色々ありますが、実際に多い原因には筋肉の問題が深く関わるものがほとんどです。

 

筋肉のバランスの問題で坐骨神経の通り道が狭められ痛みや痺れなどの症状を発しているんです。

 

ヘルニアや狭窄症、すべり症などと診断された人でも筋肉バランスの不均衡状態により骨の支えが弱くなり、症状を誘発している場合も非常に多くみかけられます。

 

ヘルニアは軟骨が潰れ横にはみ出した部分で神経を圧迫しているはずなので、はみ出た軟骨を削るか元の形に修復されるのを時間をかけて安静にまつかしないと症状は改善しないはずです。。。

 

そんなヘルニアと診断された患者さまでも当院の骨格・骨盤矯正法で多くの方が1回目の施術後から症状が改善されています。

 

それは何故か???

 

答えは簡単です。

 

 

ヘルニアの問題ではなく、筋肉の問題だったからです(^^;)

 

レントゲンやMRIなどの画像検査は100発100中で原因が当てられるわけではありません。

 

画像上ヘルニア所見があれば「ヘルニアの疑いがあります」になるだけで、あくまで「疑い」です。

 

もちろん、本当に潰れた軟骨により症状を出している場合もあるので病院での画像検査は受けた方がいいですよ。

 

ただ、安静にし続けても、処方されたお薬を飲み続けても改善されないようでしたら、一度接骨院などの診察を受けてみるのも一つの手だと思います。

 

当院では、坐骨神経痛の本当の原因をみつける最新の骨格・骨盤矯正法で身体の筋肉バランスを検査します。

 

一般的なマッサージとは違い、本当の原因に直接アプローチする手法なので今まで経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思いますよ。

 

どこに行っても改善されない坐骨神経痛でお困りでしたら当院にご相談ください。