坐骨神経痛の本当の原因

東海村、那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市からも通院しやすい

ますやま整骨院 院長の増山です。

 

こんな事でお困りではありませんか?

  • 腰からお尻のほっぺたに痛みがある。
  • 朝起きて動き出そうとするとふとももから、ふくらはぎが痛む。
  • じっとしていても脚がしびれる。

その症状「坐骨神経痛」かもしれません!

坐骨神経痛とは症状の名前で傷病名とは違います。

例えば「腹痛」が風邪によるものだったり、食中毒だったりと原因となる傷病があるように、「坐骨神経痛」にも原因となる傷病が有ります。

 

その傷病には、「ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」「梨状筋症候群」などがあります。

 

「ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」は骨などの構造的な問題に加え支えとなる筋肉の機能問題により症状を引き起こします。

 

「梨状筋症候群」はお尻の筋肉(梨状筋)の緊張で隙間を通過する坐骨神経痛が絞扼され症状を引き起こします。

 

他にも坐骨神経の通り道で筋肉や骨などの構造物の問題で神経痛を出す場合もあります。

 

これらの問題を解決すべく一般的には、湿布、痛み止め薬、ビタミン薬などのお薬による対処と安静で様子を診ていきます。

 

接骨院などでしたら、電気治療や患部のマッサージなんかもするでしょう。

 

もし、あなたがこれらの治療法を試してみても症状が改善されずお困りでしたら当院にご相談ください。

 

当院では、最新の骨格・骨盤矯正法により身体全体のバランスを診て本当の原因となる部分を直接調整していきます。

 

けっして「ボキボキ」させる矯正とは違いソフトなマッサージやストレッチ法と特殊な調整方法によりバランスを整えていきます。

 

当院オススメの骨格・骨盤矯正法で今までに経験したことのないような身体の変化を実感出来ると思いますよ。